求人広告

求人広告には応募率を上げるような書き方が存在します。今回は、応募率を上げる広告の書き方についてご紹介します。求人広告は求人票、求人広告に記載する内容が重要になります。応募者は求人広告に書かれている内容で応募を判断します。もっとも重要な判断基準は、勤務地、勤務日数、時間、給与額です。そのため、これらの記載はしっかりとしていなくてはなりません。しかし、これらの情報は全国的に大差があるわけではありません。なので、他の所で他社と差をつけるしかないのです。

他社と差をつけやすい部分として一番に挙げられるのが会社の特徴欄です。求人サイトなどでは、会社情報、PRコメントにあたる部分になります。ここには、経営理念や社風などを記載するのがよいでしょう。さらに、従業員に対する福利厚生などをわかりやすく記載するようにしましょう。

他に他社と差をつけやすい部分は仕事の内容欄です。仕事内容欄には応募者が働いているところをイメージしやすいように、できるだけ具体的に業務内容を書くようにしましょう。具体的にとは実際に起こり得る重要な仕事を記載することです。こうすることにより、実際に働いたときにミスマッチを防ぐことにもなります。以上のようなことに気を付けて求人広告を作成するようにしましょう。